読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015-2016年に購入した面白かった漫画と書籍のランキング&短評レビュー 5位まで

 

 個人で購入した漫画と書籍のランキング

最初は2016年に購入したものやろうと思ったのですが

かなりインパクトのある本が漏れてしまうので

脳内本棚の整理を兼ねて2015年からの作品で上位5番目まで短評していきます。

 

漫画

1位 へうげもの

 戦国時代の古田織部の生き様を数寄と茶の湯を中心に

歴史的逸話の数々を見事に脚色/解釈して

漫画的表現で物語を描いた傑作

 実際の歴史では古田織部は大阪の陣の最中に徳川家康から

謀反の疑いから切腹を命じられ刑死していますが

最新の23巻ではとうとう最後の時が近いことを予感させる締めくくりとなっており

恐らく次、か遅くても2巻以内に完結するでしょう。

 

古田織部茶の湯を知らなかった僕に茶の湯への興味を喚起させてくれました。

 

2位 神々の山嶺

 

小説から漫画化された作品。

2巻の壮絶な描写で心奪われました。

登山家、羽生は登山失敗により滑落、重傷を負った身体で

片手片足、口だけを使って25mの壁を登りきり

幻聴の中救助がやってくるまで精神をギリギリの所で持たせ

生還を果たします。

 

描写が詳細すぎるので実物のモデルがいるのではないかと疑い調べてみましたが

現実に存在した登山家、森田勝が実際に滑落事故から生還した際

の方法がモデルとなったようで

ほぼ漫画内の羽生と同じような事をしていました。

現実の重みが反映され、ボディーブローのように効いてきます。

 

小説版と異なるラストの絵は必見

 

 3.聲の形

作者の才能を感じる作品

でもこういう描き方で作品を作ってヒットする事は今後あまりないんじゃないかと思う

 作者はメインテーマを描く舞台装置として先天性聴覚障害を描いています。

僕は30代前半ですが、その自分が子供の頃くらいの問題として

現実に存在していた分断です。

 

現実の世界でテクノロジーが進歩しており

こうした障害による分断が小さくなってきていると感じます。

漫画作品として公表出来た事もその分断が消えていっている事の反映ではないかと

思います。

 

20年前に漫画作品として

世の中に販売出来たのか分かりません。

酒井法子星の金貨も同様の設定がありますが

聴覚障害を問題性のある分断と人々が認識しつつ

作品の一部として構成して狙った舞台装置の役目を果たすのは

この時代、このタイミングが最後になると思います。

 

 

4.スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ(1) (Kissコミックス)

 

 最新が何巻だったか忘れてしまいました。

 imacを発表し死にかけていたAppleを救ったところあたりまで物語は進行しています。

さて、ここからが問題のipod,iphone,ipadの製品群の発表なのですが

映画でスティーブ・ジョブズを扱った作品はこれらの製品の製造過程について

全く触れていないのですね。

恐らくAppleからそのあたりの現役製品の裏話については

ブランドイメージを気にしてダメ出しされているのではないでしょうか?

 

本作品はウォルターアイザックソンの伝記が原作なので誰もが読みたいそのあたりの

事情を描いてくれるのか期待しています。

 

5.逃げるは恥だが役に立つ

世相を反映した作品

君の名は。新海誠が世相を調べたときみんな驚くほど恋愛してなかったと言ってましたが結婚を契約とみなすのは堂々としていて潔いですね

本来、婚姻は契約に準じるものだと思うのですが、

いつからか自由恋愛の結果に婚姻が存在するとみなされるようになっています。

じゃあ契約として婚姻を成立させたらどうなるのかねぇと作者が実験した結果という感じです。

恋愛の結果というより、この辺りまで契約的と少女漫画のテーマとして見なしうるまで

現代の婚姻の概念が変化してきたということです。

 

正直、現実では子孫の残し方について方法自体が変わってきており

日本では3組に1組が離婚する状況ですので

これまでの婚姻の概念についてもまともに保てるのはここ10−20年くらいではないかと思います。アメリカのfacebook卵子を凍結するのに補助が出たり、日本でも看護師の方が凍結処置をした事例がありました。

男性側にも精子バンクがあるように、先進国であるほど家庭による保護の有無に関わらず(ナニイとかロボットとかで育児を代替して)親の自由な選択の結果、子供が生まれて来る方向に推移しているように見受けられます。

遺伝差別になりかねないので慎重に述べないといけないですが

子供の形質はある程度親が選ぶか、もしくは人間の制御できない欲望により出生するのが大多数になりそうな予感がします。(デキ婚とか)

 

 

ビジネス書籍は時間がないのでまた今度