読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君の名は。」 を3回観て思ったちゃんと映画に騙される為に必要な事(ネタバレ込み 既に観た人向け)

 

君の名は。」の世界に入り込む為の要件 

 

君の名は。を3回観ましたがよく言われてる美麗な背景や彗星の落下シーンの他には

三葉達の神楽舞のシーンのアニメーションの美しさ、

オープニングの三葉の動きの艶かしさ

走るシーンでの動きの滑らかさなんかがすごいと思わされます。

www.youtube.com

 

さて、どの映画も現実から乖離した面があり嘘をついています。

君の名は。で多くの人が気になる点は前回のエントリーで述べた点以外に

 
1.入れ替わりの際に3年間時間がずれてたら携帯で日付観たとき気付くよね?*1
2.普通にGoogle Mapで相手の住んでる所とか自分の住所調べれば話は早かったんじゃ?*2
3.好意を寄せている三葉の言う事とはいえ
 勅使河原は妄言のような神託を信じて変電所爆破するのはやりすぎじゃない?

とかこの辺りが気にかかって作品に入り込めない人がいると思うので

作品を楽しむために僕自身が受け止めた回答を書いておきましょう。

 

1と2について

入れ替わりが終わった後はお互い詳しい事は忘れてしまっていて

それこそ夢のようにあやふやに三葉、瀧という名前の人として生活していて

入れ替わりが起きていたという認識があるだけの状態という説明が

劇中でされていました。

二人がはっきり記憶出来る情報は文通よろしくお互いに残したメモや日記の内容のみのようです。*3

二人とも入れ替わった時の時間の不一致についてはテレビや携帯の時刻をみて

気付いた事はあるかも知れませんが

仮にそうであっても元の身体に戻る度に

その記憶はリセットされてしまったと思われます。

この点で奇妙なのは一度結びが終息する直前に

「明日は彗星が見えるね」と携帯に残した三葉側の認識です。

この時三葉は携帯を使いつつも時間の不一致に気付かなかった事になります。

 

僕としてはこの点は

この映画内の世界にAppleは存在せずiphoneの1年アップデートの規則は固定されておらず。*4

三葉が「東京に住むスタイリッシュな高校生がなんか知らないすごい最新機種使ってる!」

という認識でスマホを取り扱っている女子高生なんだと認識しました。

それに少なくとも実際のiphoneの待ち受け画面では西暦はデフォルトで表示されず

三葉がメモを残している(MyDiaryという劇中の)アプリの中でも

明示的に年度は表示されていません。

 

▼瀧の携帯 カレンダーアプリはどこに?

http://planaria-entertainment.com/wp-content/uploads/2016/06/etshhsh.png

▼このアイコンの筈ですがアラームに隠れてる?

http://appworkstyle.com/wp-content/uploads/2014/08/Calendar-Official.png

 

加えて細かいのは三葉が飛んだ3年後の立花瀧の家の居間には

瀧が彗星のニュースを見ていたテレビは存在しますが

瀧の父はテレビは使わずに朝はタブレットで情報をチェックしていました。

▼立花家の居間

http://cinemadori.jp/wp32/wp-content/uploads/md_kiminona_57_12.jpg

新聞やカレンダーの描写もなく

固定電話もありますが三葉が積極的に取るとは思えません。

三葉は入れ替わりの際に少なくとも時間のずれに気付く要素が少ない事が

見て取れます。

更にITリテラシーが低い三葉は端末やWebページの時間がずれていたとしても

システム側のエラーだと考えた可能性が高いでしょう。

普通の女子高生であればその方が

自分の意識が3年後にワープしたと考えるより自然な発想です。

三葉は少なくとも入れ替わりが途絶える前の最後の1日では

時間のずれに気付いていなかったのです。

 

2のマップで情報を調べなかった理由について

三葉が自分の故郷糸守を調べなかった理由については

「田舎暮らしに辟易していた所を東京にトリップ出来て1日だけ遊び回れる(それかバイト)状態なのにそんな事する理由も時間もなかった」

で十分ではないでしょうか?仮に調べて何かおかしいと思っても元の身体に戻ったときは忘れてしまった事でしょう。

結びの恐ろしい所は愛情を持つ相手の名前という重要情報すら時間が経てば消去される事で、糸守壊滅という重大情報も知っていれば

記憶から消された可能性が高いですが

寝る前のメモに何も残されていない様なのでやはり三葉はそもそも糸守の事は

調べようとも思わなかったのでしょう。

 

瀧はどうでしょう?

三葉の部屋にはカレンダーがあり余裕のなかった当初はともかく

状況を理解した後時間のずれに気付いた可能性は高いです。

マップを使って自分の居場所を調べた事もありそうです。

 

▼三葉の部屋 左上の方にカレンダーあり

http://cinemadori.jp/wp32/wp-content/uploads/kiminona_57_07.jpg

 

しかし気付いたとしてもやはり元の身体に戻った時は忘れてしまっていたのでしょう。終盤、瀧が三葉を探しにいく際に糸守の景色だけ覚えており

町の名前を覚えていなかった事がその事を裏付けています。

加えて瀧の側からは三葉に取り立てて急いで時間差の事を伝える必要はありません

瀧の住む東京は3年前にもしっかり存在していて調べた所でなんら異変はなかったでしょう。

気付いたとしても三葉には他に優先して伝える事があって3年間の時間のずれや

自分の現在地の情報は三葉へ伝える優先度が低かった*5訳です。

 

3 勅使河原が何故あそこまでして三葉のことを信じるの?

テッシーこと勅使河原は劇中では三葉の友人の名取沙耶香と仲良くしている事が多く

最後に結婚式を挙げる相談までしてるので分かりにくいのですが

彼の挙動を注意深く観察していると

高校時代に好意を寄せている相手は三葉である事が分かります。

 

しかしそれだけで犯罪である変電所爆破まで共にする動機としては弱いので

Another Sideで説明されている事を補足すると

彼もまた日頃町のあり方に鬱屈を抱えており、

自分の力で町をより良く変えたいと思いつつも

父親の事業を継ぐと社会的な責任に囚われて変化させる事が叶わなくなるので

悶々としていた所でした。

その結果がオカルトへの傾倒と町をどうにかリセットする事への願望に繋がっていきます。そんな時に好意を寄せていた

糸守で崇拝の対象となっている宮水神社の巫女さんの神託を受け

これ幸いと計画に乗ったという訳です。

彼は彼で悩みを抱えていたのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「君の名は。」はどういう物語なのか?

 君の名は。というのは男の子が好きな女の子を助けにいくという

古くから人々に支持される構造を持ったお話です。

もっと言うとこうなります。

 

現代物理学では情報を未来に伝える事は出来ても過去に伝達する事が出来ません。

特殊相対性理論量子力学による量子テレポーテーション

過去の人間と通信をとる事は不可能としています。

しかしその普遍の宇宙のルールを越える

宮水の巫女が起こす結びという淡い記憶を繋ぐ奇跡だけは

ルールとして受け入れてくれという作者のお願いから紡ぎだされ

男の子がお姫様(巫女様)を時空を超えて救いにいき

共に救われ再会を果たし

「彼らはその後末永く幸せに暮らしました。めでたしめでたし」となる物語と言えます。*6

 

作品に没入出来る人とそうじゃない人の違いはその作者の嘘の部分が

自分にとってのリアリティの基準を満たすものかどうかにあります。*7

 

個人的にこの物語に入り込み感動を得るには

「物理法則として過去への情報伝達は不可能」という

この宇宙の普遍のルールをよく知った上で

それを越える「宮水の巫女の奇跡」が存在するという虚構が

物理法則の如く物語の世界の基本ルールとなっている事を

許容出来る事が重要なのだと思います。

観客の比率は6割男性の様ですが、

男性が多い理由はそういう物理学的な時間の法則をリアルに

感じた上で本作のロマン(虚構)を楽しめる人が多いからかも知れません。

 

せっかく観るなら作品世界を楽しんだ方が得だと思うのです。

あんまり細かい設定を気にせずにこの作品に限らず

物語が展開する世界観は受け入れて映画を楽しむ事をおすすめします。

 

ではでは

また気が向いたら傷物語の劇場版とかについても書こうと思います。

 

 

 

*1:瀧はどうみてもiphone 6以降で三葉は4か5以降を使ってるように見えるし三葉からは見た事ない最新機種使ってる状態

*2:劇中ではGoogleの様なサーチエンジンを使ってたし、iphoneの地図アプリも確認出来るし三葉は学校行くときに小説でGPSの機能使ってたし

*3:瀧の携帯に残したメモが削除された事から、このノートや携帯に残した情報も結びが終息すれば消えてしまうと思われます

*4:Macbook Airそっくりのノートブックには何故かRaspberry Piそっくりのロゴが印字されてますし。

*5:もしくは伝える必要がないと考えていた

*6: あと蛇足ですが作品内で最後東京に暮らしてる三葉は25歳で
瀧は22歳なんだよなぁ
恋愛のステージとして重要な10代後半から20代前半の時間を
お互いの事を忘れて過ごしていたのだけど再会後の関係は上手くいくのでしょうか? まぁこの先は考えちゃいけない事だから映画はあそこで終わるのだろうけどもw

*7:もしくは単に誤謬と思い込んでいて細かい設定を読み取る力がないか描かれている内容から想像する力が欠如している人もいると言えるでしょう