読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山林は20万円からでも買える 3000坪くらいは

時々山林を買い占めて自給自足の生活をしたいと思う事がある。
仕事に向かってる時に多いので一種の現実逃避である
似た様な思考をしている人は山林バンクとかで検索をかけてみると幸せになれるかも知れない。

しかし役に立つ事に逃避したいと思っている
山林を買って一部を農地化して自給自足を実現し小規模農家として生きるというのは
農作業を代替してくれるロボットがいてくれれば難しくない様に思う

1必要なのは山林の水源や雨水を浄水するシステム
2水質調査システム
3散水・種まき・害獣やら害虫やら鳥を追っ払うシステム
4太陽光発電

こんくらいだろうか、ロボットに負担頂きたいのは2と3くらいかな
トマト・ナス・カボチャ・ピーマン等の野菜は自動農業で手に入るものとして
豊かな食生活の為には肉も食べたいところだ
鶏舎と養殖池が必要になるだろう

小規模な滝があれば水力発電をする事も出来るのだろうけど
自給自足で豊かな暮らしを実現するにはやはり自家発電の充実が大事だ
田舎には3kWくらいの太陽光システムを入れている家が多く
それで困っている風でもない
私の同僚は太陽光発電での余剰電力を売電しているそうだ


最大のネックは光の有線インターネットが引ける環境が必要な事だ
ぶっちゃけNTTに頼むよりは最寄りの農家さんやらに話をつけて
自分でLANケーブル延ばした方が早い気がする
まるっとネット代負担すると言えばOKしてくれる気がする
仮に10年間使用したとして40万程だろう

OK 簡単そうじゃないか
家の作り方なんだけど
これも結構家を自分で作っている人はいる
でかい家を作るのは大変だけど例えばエアロハウスのような構造体はどうだろう?
http://www.aerohouse.net/

150万くらいで買えるが
ぶっちゃけ同じ工法で素人でも作れそうなシンプルさである
原材料費のみであれば100万いかないんじゃないか?
そもそも山林買ったら樹がある訳だから切り倒して使えばいい
それだと寸法合わせるのが大変そうだが


自給自足で御飯に困らないシステムを確保しさえすれば後は
太陽光・風力・水力発電で確保出来るエネルギーリソースの範囲内で
ひたすらプログラミングなり翻訳なりしてれば良い


ん?ぶっちゃけ結構簡単に出来そうじゃないか?晴耕雨読の生活
そうして僕は農業の労働を軽減してくれるロボットを作ろうと思ったのだった
続く