川上量生と養老孟司が対談してた


この二人が何故対談した!?
というのが最初の正直な感想

この二人の方は年齢的にも考え的にもあまり合わない気がする…


一方、昔の養老孟司宮崎駿の対談の安定感




川上量生は自分で話が上手い方ではないと言ってましたけど
本音が隠せる人じゃないんでしょう
この人を映像で初めて見たのはコクリコ坂の対談企画で
宮崎駿を前にがちがちに固まってた所なんですけど
この人が日本で最もネットワークのトラフィックを消費する動画サービスを
立ち上げた企業の会長だと知って
時代が変わったなぁ、と明確に感じました


一昔前なら上場企業の会長に収まるのはまずあり得ない人物だと思ったからです。
だから日本のネット廻りのビジネスの変化を象徴する人物なんですよね
私的には

独特の語り口と思想が面白いですよね
腹の中で考えてる事が読めないとこも面白い
どこまで考えてるのかついつい話を聞いてしまうので
話が苦手と言いつつも実はプロデューサーとかイベントの主催者とか向いてるんだと思います。


※とか、なんかいいイメージで語っちゃいましたが彼は匿名になると
 死闘を繰り広げます。変革を成し遂げる人間の狂気はクローズアップされますが
 この凶暴性もまた面白い彼の人間性だと思えるかどうかで
 合う人と合わない人が出るんじゃないでしょうか?
 私は養老孟司は合わないと思う、鈴木敏夫は合う人だったのだと思う

kawango死闘の記録
http://togetter.com/li/277301?page=2