プログラミング ラクダのこぶ理論

大学でC言語の講義のTeaching Assistantのバイトをやってた事があります。
ご多分に漏れず子供のころからコンピューターゲームに慣れ親しんでいた私は
プログラミングに対して興味はあったので、大学1年からプログラミングの講義に出てみて
だらだらと院生になる頃にはTAなんかもやっていた訳なんですが
実に不思議な事にラクダのこぶ理論をありありと目の当りにしました。

詳しくはここを参照
http://cpplover.blogspot.jp/2012/05/60.html

引用すると

=====================================
ふたこぶラクダという名前で知られている有名な論文がある。
この論文では、60%の人間にプログラミングの素質がないと推定している。
翻訳ではなく、まとめ的な感想として紹介してみる。

なぜふたこぶラクダなのかというと、プログラミング学習者の集団において、
その成績をグラフ化すると2つの山があるからだ。低成績の山と高成績の山だ。
大学でのプログラミング教育の中で、経験的に、
プログラミング学習者には三種類いることが知られている。
全然できない者と、かろうじてできる者と、すばらしくできる者だ。
その中間はほとんど存在しない。できない者とかろうじてできる学習者は、
授業の進み方が速すぎると文句を言い、
すばらしくできる者は授業の進み方が遅すぎると文句を言う。
こんなに学習にばらつきがあっては、すべての初学者向けのプログラミング教育ができない。
=====================================

要するにプログラミング学習者は何故かめちゃくちゃ出来る人と
なんとか出来る人とさっぱり出来ない人に分かれるという事です。
選択科目だった2年次以降のプログラミングの講義からは
めちゃくちゃ出来る人となんとか出来る人しかいなかった気がしますが
私がどのあたりに位置していたかというとなんとか出来るものの集団に
属していたと思います。
私は講義の最後の提出物に入力した文章を暗号・復号化する
プログラムをなんとか組んだのですが
そばで一緒にC言語を学んだH君という人はポインタを学習したあたりで
ドラクエの様なRPGのプログラムを構築し始め
構造体の学習が終わる頃にはデータ構造を整理して
より洗練されたバージョンに改良してました。

彼がどこに属していたかというと素晴らしく出来る者の集団に属していたであろう
TAをやっている時もセンス(と呼ぶしかないもの)を持つ人が作る物と
そうでない人が作る物には差があって
半年間週一回の講義を受けて
2Dシューティングゲームを構築したり
GUIでプレイ出来るブラックジャックを作ったりする人と
カレンダーを作るのに四苦八苦している人が出てくる。
何故かはわからないけど生まれるこの分岐はセンスという言葉で
今のところまとめられている。

センスのある人に聞いてもなんとなくとしか言わないので違いを見出すのは
難しいがセンスのある人が作るプログラムはやはり美しかった。
そこははっきり差があったと思う。

構築したメンタルモデルを、ブレずに一貫して適用できるかが
センスの違いを生むようですが
何が記号の羅列から一定した規則を生成する人間と
規則を見出さない人間を生む原因となるのか根本の所はよく分かりません
年齢や環境や経験に関わりなく
大学教育でこうした問題が発生するそうなので
人間の脳の使い方の根本的な違いが原因かもしれません
理由がわかったらぜひ誰か教えて下さい