読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mindstorm NxtとGalaxy s2 LTE
及びiphone4を使用して部屋の外のネットワークから家の中の様子が見えるシステムが出来ました。

iphoneとGalaxyを自宅wifiに設定し
GalaxyはNXT操作アプリを起動しBluetooth接続にしておきます。
iphoneSkypeを使って動画を転送します。
GalaxyにはTeamviewerを起動して画面をリモートで操作出来るようにしておきます。
これで構成的には外部からでも家の中の様子を観ながら
遠隔操作で動き回れるロボットが出来ました。
むにむにさんという人が以前、家の外をこれと似た様な構成のシステムで遠隔探査出来る
ものを作っていたので、自分でもやってみました。
家の観葉植物やペットを外から観る時に使えます。

Teamviewerを起動する前にセッション承認をAndroid側の操作でしなくちゃいけなかったり
Bluetooth接続の際にMindstorm側でボタンを押す必要があるので
まだ課題はあります。
製品化しようにもMindstormは商用なので使えませんので
その部分をオープンソースのロボットキットとAndroid端末、またはRaspberry piで置き換えて
作る方向になるでしょう。
(話がそれますが、そういえばOracleが最近Raspberry pi使ってタブレット売り出したんだけど
正直外見はギャグとしか思えなかったのだけど何故いきなり端末に手を出したんですかOracle)

TeamviewrとSkypeの動画転送機能を持ったアプリも改造して自家製で作る必要があると思われます。
とりあえずこいつを使って日本とアメリカ間を感覚的に物理的に行き来出来るロボットが目標です。
上手く出来たら、世界中の観光地や有名な場所に設置してもらい
簡単に現地まで物理的なアクセスが出来るサービスとして確立させましょう
次世代の通信インフラとして確立させるまでが勝負です。

優れた技術をサービスとして提供し、販売するというのは実に重要です。
テクニシャンが性能の優れた物だけを作っていれば良いかというと、微妙です。
使用されない技術に価値は出ないと思います。
価値を持たせる為には販売努力をしていかなくてはいけません。