STAP細胞のお話

この件についてはあんまり興味なかったんだけど
以前、拝見させて頂いていたブログでインパクトの大きさを多少は理解出来ました。
とくがわさんという生物系の方が掲載されています。
一応フィクションと断ってはおられますが、
フィクションというより彼の推察がブログに載っているように思います。
リアル鋼の錬金術師の賢者の石という表現は面白いですね
ES細胞を名前を変えて売りさばくというのは
最悪の場合、人間の材料を工業利用するという
手塚治虫火の鳥であった話が現実化したという事なのでしょうか?
(テレビ局のプロデューサーがクローン人間をハントする番組を作るつもりで
 自分のクローンを作ったら狩られる側に回って
最後はクローンの製造工場を破壊するというエピソード)

本当は恐ろしいSTAP細胞
http://psymaris.seesaa.net/article/391674619.html#more