PC自作は時代遅れ

実際やって分かったけど余程の物好きでない限り通常のPCの自作は時代遅れです

超小型のデスクトップを目指すとか
超薄型ノートを自作とか
自分だけの筐体を使ったおしゃれーなインテリア風マシンを作るとか
タブレット端末を自作するとか
(Rasberry piで見てくれは悪いけど作れるらしい筐体を工夫して見てくれをよくしてみるとか)
如何にブレードサーバーと同等の安定稼働をさせられるか
仮想化で複数OS上の並列動作シミュレーションを行えるか追求する

こういうテーマを決めて作らなければ
メーカー製のマシンを1つ買った方が無駄がありません
今回のテーマはESXiホスト上で8台の仮想マシンを安定稼働させられる
MacMini上の仮想マシンのスレーブとして動作させる事が可能なマシンでした
が、各パーツのインターフェースを調べたり、やる事が地味だったので
飽きました。
10万くらいでブレードと同じ性能の物が作れる方法ないかな〜
あれ100万くらいするんで安価にして性能の証明がきちっと出来れば
サーバーサイドの革新につながるのでは

私はやはりソフトの方が自由に組めて好きです
ハードは金がかかる割に性能の高い物程自由が失われていく様な感じ
ソフトの検証環境とか用意したり
仕事に最低限必要な分の出資はしなくちゃいけませんがねぇ
Rasberry Piでも1台買って色々組みたい

これから自作の時代はスマホではかろうか
スマホの基盤だけいじりたい
glass型ディスプレイも全部自作で