読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


これからの時代の主役は
現在商用化されているものよりさらに進んだ3D技術でしょう
AR,3Dプリンティング,3Dシミュレーター,3Dオブジェクト認識技術
3Dオブジェクト接触用デバイス

画像認識や音声認識、人口無能のような対話処理も重要ですけど
3Dの描写となるとCPUのリソースがかなり持ってかれます。

それで自宅で組める並列計算出来るシミュレーション環境
どこかにないかなぁと思って探してたらこんなのがあります。
http://gigazine.net/news/20121007-supercomputer-parallella

さてどこまでこれ性能を引き出せるんでしょうね
CPUリソースコア数に対する単価が例えば今使ってる
MacMini複数購入するより高価
じゃなければ十分検討の余地があると思いますが

64コアはすごいなぁ