読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nasneが優秀すぎる

地デジチューナー・BSデジタルチューナーとネットワークストレージを兼備したこのデバイスは
PS3やPSVitaと連携して家の外から家のアンテナが受信しているテレビ番組の視聴と
録画・録画予約を可能にする。
当初は対応していなかったiphone/ipadでもテレビの視聴と録画予約は出来、
Android端末は当然SonyXperiaで観てもらう為に対応している。

録画をしたデータを取り出す事はコピーガードの為出来ませんが
PCで観た動画をキャプチャすれば自身で作成するコンテンツの引用物として使用する事が出来ます。
著作権のややこしい所なんですが、引用として一部うつす行為は認められているので
その範囲において自身の主張を映像化したニコニコ動画のような場所では
消されないものがあるという事ですね。
法律的にはグレーかブラックの所でも著作権者の判断で削除したり
宣伝用に放置したり判断は権利者次第というところですね

ニコニコ実況に対応した放送もされており
テレビ業界が失いつつあったライブ感のテレビ視聴を実現しています。
4Kテレビを作ったりしてSONYはテレビ事業と無理心中する気かと思いましたが
こいつは凄いですね。
世界中で売れているPlaystation周辺製品は侮れません。
PS3と会わせて買えばブルーレイディスクレコーダーも必要ありません。
家庭内のテレビ環境とニコニコ動画のライブ感を統合した素晴らしい製品と言えます。


さてこれまで散々Appleやら外国製品についてのエントリーを書いて来ましたが
近年のAppleの製品発表の際のライブ感、わくわく感の欠如を見るにつけ
SONYが勢いを増して来ているように感じます。相対的なものなのか、評判の悪かった
高待遇のストリンガーが退任した為なのか分かりませんが
Experiaも価格を除けば出来は良いものだと思います。(スマホタブレットはそれでもKindleとNexusがやっぱり総合的には上かと思いますが)


追記:
更に使ってみた感想なんですが、やっぱりスポーツ番組はテレビがつまらなくなったと感じた昨今でも
観たくなるコンテンツですね。
なんでかというとスポーツに関しては視聴者が準備してるのがテレビ局のスタッフじゃないと知ってるので
「やらせ」に対する疑いが働かないというのが一つの理由なのかなと
スポーツは脚本がないですから、サッカーを僕はよく見ますが2つのチームの真剣勝負が観られるというのは
脚本や台本が容易されたトーク番組や台本の存在を知りつつ出演者目当てで視聴するようなバラエティの構成では
得られない魅力です。生の人間の反応や嘘偽りない反応が観られるので
画面の向こうの存在が作り物ではなく生きている人間なのだと感じさせてくれます。
その喜怒哀楽が視聴者の共感を呼ぶのでしょう。






Nasneで語学の勉強も捗りそうですね。