岡田斗司夫さんのお話

まどかマギカ関連の動画で岡田斗司夫さんの動画をニコニコで観てました。
有名スタジオの創立者(だったはず)なだけあって劇場版の評価や
日本のサブカルチャーの話はなるほどなぁと思わせて頂く事があります。
今回はまどかマギカ関連の検索でひっかかったので観てみましたが
むしろ興味深いのは黒子のバスケのお話の方で
現在あちこちで手紙を送りつけては関連商品を撤去させる
嫌がらせをしている人物か集団がいてほとほと関係者の人が
困っているとの事です。
このまま放っておくと他作品にも波及しかねないのでよろしくない

で、僕が思ったのはだったらネット商店に売り場を全面的に移行すれば良いよね
という事で結局物理的に害意のある相手に対して物理的な売り場を用意してしまうのは
得策じゃないと思います。
出版社なんかは印刷会社なんかとの兼ね合いもあって難しいのかも知れませんが

とりあえず、2次創作の人だったり漫画家の人が
配信して直接ユーザーから売り上げを得られるシステム構築やってみますか
関連グッズとかの受注が出来るような奴も一緒に作れたらいいんじゃなかろうか

夢やアイディアを糧にして生きている方々が少なくなってしまうと
技術も一緒に減退していくと思います。
ITサービスやエンジニアは人の夢を実現するから糧がもらえてきたので
人間の生活から夢を奪い取ってしまうと色々なとこに影響が出ますよ
そんな訳でクリエイター支持
個人で出来る問題解決を図りましょう