ポートスキャン

自前サーバーを構築し始めると気になるのがセキュリティですよね
基本的にサーバーはポート番号で待ち受けたデータに対してアクションを起こす訳で
ポート番号の管理は大事です。開いている余計なポートからクラッキングされる可能性があります。

MacOSでポートスキャンをするには
下記のコマンドをターミナルから実行します。

/Applications/Utilities/Network\ Utility.app/Contents/Resources/stroke localhost 0 65535

結果
localhost:~ keigo$ /Applications/Utilities/Network\ Utility.app/Contents/Resources/stroke localhost 0 65535
Port Scanning host: 127.0.0.1

Open TCP Port: 53 domain
Open TCP Port: 54 xns-ch
Open TCP Port: 80 http
Open TCP Port: 88 kerberos
Open TCP Port: 548 afpovertcp
Open TCP Port: 631 ipp
Open TCP Port: 895
Open TCP Port: 896
Open TCP Port: 1110 nfsd-status
Open TCP Port: 3689 daap
Open TCP Port: 5900 rfb
Open TCP Port: 5940
Open TCP Port: 9998 distinct32
Open TCP Port: 9999 distinct
Open TCP Port: 20371
Open TCP Port: 49153
Open TCP Port: 50942
Open TCP Port: 50943
Open TCP Port: 50944

ポート番号と稼働しているサービスが表示されますね
GUIでも出来ますがコマンドラインの方も抑えておきたいところ
使用していないポートは閉じましょう

上記はMacBook Airのデフォルト設定ですが
サーバーいじるならここら辺注意がいるかと