読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進捗

データベースとPHPが使用可能なサーバー上に申請を出しましたので
あとは手元のhtmlファイルをデータベースと連動させる構成にしていけば
サイトとしてはまず第一段階終了ですね。

kinnectはMacBoot Camp上のwindowsから3Dスキャン出来るようにする予定
kinnect fusionについてはまだいじってないのでまず実際にインストールし
3Dスキャンデータをどの形式で格納したら良いか検討する。
見た感じ3次元上のドットデータって
座標であるx,y,z,とvalue,t で値と時間を定義してるようなイメージなんですが
効率よく安全な格納方法を知るためにはそこをまず知らなくては

後は3Dプリンターで出力する際に適した形式でなくてはいけない
3Dプリンターについては引き続き調査して購入出来そうな物は検討
レジンや樹脂、アルミを原料にして3次元の形状を「プリントアウト」出来る
そうなので家具や茶器、人形なんかを取り出せるようにすると良い。

ん〜IKEAみたくユーザーが完成品を受け取る前に色を塗ったりする必要が
出てくるのがこのプリンターの現状の課題なのでは
池袋のヤマダ電機でデモをやってたという話を聞きましたが
3Dプリンターでプリントアウト出来る「物」を充実させればこれは自然に
売れるでしょう。誰もが欲しいと思えるキラーコンテンツをプリントアウトするデモが
一回大勢の前で出来れば一気に広まるのではないかと思います。
私が副業的にやり初めているのは世界中からそのデータが集め交換する場所を作る事ですが
その段階を経て次に商用で実現を目指しているのがこのサイトの題名になってる触覚=ハプティクス機器の普及です。

Microsoftはkinnectをタブレットに内蔵して普及させる計画のようです。
つまり撮影したものの形状を自由にプリントアウトする事が普通になる段階が
目の前に迫っているんです。

http://doope.jp/2013/0326669.html