クレジットカード無しで電子書籍購入 & 仮想マシンを個人で運用

google analyticsで見てみるとこの2つが長期的にアクセスされてて
ここ1ヶ月の集計で1位2位のアクセス数になっているのだけど
何か理由があるんだろうか

検索エンジンの上位に位置しているとか

・個人で仮想マシンを運用するメリットとデメリット
http://d.hatena.ne.jp/manjirou99/20130302/1362185410

電子書籍 クレジットカードなしで購入:kindle store と ibooks -
http://d.hatena.ne.jp/manjirou99/20130401/1364820900

意外な事に評価関数についての将棋関係エントリーより長期的にアクセスされているのですよ

実際に興味を持って関連ワードを検索している人が増えているのか
たまたま検索エンジンの上位に来やすいのか
どちらなのでしょうね
こういうのは思っても見ないエントリーに人が来てくれたりするから
面白いのであんまり狙って書くのはつまらないですよね
かといって読み手の事を全く考えない物を書くと全くひと気がなくなってしまうのが
よく分かりました(笑)



さてそんな訳で上記の仮想マシンエントリーの続きのような文章ですが
仮想マシンのエントリの内容だと個人でやる分にはデメリットらしいデメリットが
見つからない、手間ひまを抜きにすれば見つからないと書きましたが
大規模なトランザクションが発生するDBサーバーなんかは仮想サーバー上で
運用するには向かないのだと最近理解しました。

VMwareの仮想化のやり方はハイパーバイザー型といって
デバイスの直上でESXiという仮想化に特化したOSの様なソフトを動作させて
その上で仮想マシンを稼働させるやり方です。(VMware PlayerとかOS上のアプリケーションとして動作する物もあるけど)
こっちの方は個人での運用を全く想定してないと思われますが
企業の基幹システムはライフサイクルが終わる度に入れ替えるのは大変なので
ソフト的には仮想マシンを移植するだけなら楽で良いですね
ハード的には入れ替えは必須でしょうけど


Vmware の資格VCP5はトレーニングだけ受けて未だに試験の方を
合格していない訳で、はよ取らんと
今はサーバールームがある企業ならこれほとんどの所に導入されているでしょうね
とりあえず目ぼしい運用系の資格は取っていきます