読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3Dプリンター

3Dプリンターに詳しい人が3Dプリンターは革命を起こすものじゃないよ
とおっしゃっている記事を発見し、拝読しました。

3Dプリンター騒がれ過ぎ。それで飯食ってる僕が言うんだから間違いない
http://www.gizmodo.jp/2013/05/3d_74.html

僕の場合、こういう業界人が人々の希望を幻滅させる事を言うときは
大抵のその人が築いた縄張りを邪魔されるのを防ぐのを狙ってるだけだと思います。
普通だったら期待させる事を言った方が市場が広がるからです。
ハードウェアは一度巨大インフラに投資すれば安泰だとか、
電力会社は安泰だとか考えていた
必死でそれまでの生活にしがみつこうとする様を目の当たりにして
如何に安全神話が危ういものか理解したのではないでしょうか

ともかく3Dプリンターで何が可能になるのかというと
端的に言うと3Dスキャン出来る世の中の代物が数十μm単位で形状が再現出来るという
事になる。
再現される前の物がプラスチックの強度で再現可能な代物は全て形状として構築出来る。
3DのCADデータの構築がプロのデザイナーしか出来ないと思っている人は
既に安定志向の罠にはまってしまっていると思う。
粘土で美しい物を作ればその形状をkinnect fusionで3次元データとして記録し、
3Dプリンターで再構築する事が出来る。
別にkinnect fusion だけじゃなくて3Dスキャン出来るだろう
ハードウェアはxtionでも出来るようになっていくのではないでしょうか?


http://wired.jp/2013/07/12/scanathon/

金属が出力出来ない?多少お金がかかりますが金属パーツを作れる物もあるそうです。
http://3deconomics.blogspot.sg/
個人でお金を持ってる人や趣味でお金を集めてスタートアップ始めるには十分な値段でしょう。
色の塗り分けが出来ない?2次元プリンターでデザインしたシールを貼れば良いんじゃない?
電子回路を出力出来ない?➡そんな分かりきった事今更言われても
Arduinoのようなオープンソースの基盤や秋葉原で売ってるサーボ、
オープンソースのロボット工作キットを組み合わせれば製品レベルの物が作れるでしょう。
回路素子レベルの物を作り込むとなると金はかかるかも知れませんが
設計した回路デザインを刻んだレティクルを工場に渡せば
(露光して回路パターンをシリコンウエハの酸化膜上に刻むパーツ)
回路は形成出来るはずなので
実はレティクル自身を3Dプリンターで作れれば回路素子って作れるのでは?
半導体チップの製造コストが下がるのでは?

重要なのはCADデータを作るのはもうプロじゃないと無理という時代ではない事
3Dスキャンは粘土をこねた形状デザインをデータに取り込める優れもの
今の時代差を付けるのはもはや技術はあまり差異が得られなくなっています。
重要なのは個人の頭の中に「どれだけ面白いアイディア」が描けるか、
あんな事いいな、出来たらいいな、あんな夢こんな夢いっぱいある〜けど〜
素晴らしい夢を描き人に伝え、人を感動させる事が出来る人が人間の未来を
作っていくんです。

以前書いた記事もそういう予感から書いた経緯があります。
漫画家や昭和時代には小説家なんかも碌な職業ではないと言われていた様ですが
脳で創造したものを外部に取り出し、
メディアに載せる事で人々の中で認められるようになりました。
僕が思うにこれは人間の思考を外に出すという意味でクリエーションと
デザインに革命を起こす事が出来る変化です。
単純に外面をよくするデザインを家中の小物につけられるという意味ではなく
ハードウェアのオープン化に伴い基盤を中心とする
ハードウェアとデザイン制作自体が大きく変化する所に時代が差し掛かっています。

cerevoさんなんかは3Dプリンターを導入したベンチャー企業さんです。
社長の頭はキレキレです。

cerevo
http://www.cerevo.com/ja/index.html

動画ストリーミングツール