読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3ヶ月くらい運用した電子書籍のメリット

スマホで本を読もうとする人は少数派でしょうか
kindleへ本格的に移行して3ヶ月程ですが

Amazon プルダウンのkindleストアを選択するとストアへ
http://www.amazon.co.jp/ref=gno_logo

iBooks
https://itunes.apple.com/jp/app/ibooks/id364709193?mt=8


私の場合、当初はパブリックドメインになった
夏目漱石とか宮沢賢治芥川龍之介の本を落としたりしてました。
このパブリックドメインの本を好きなだけ落とせるという
メリットは計り知れません
パブリックドメインが無料だから
経済効果がないかというと全くそんな事ありません。
無料書籍に出版社の関連本の広告を載せたり、
リンクを貼ったりする事が出来ます。
Redhat Linux なんかと同じで無料の物は周囲のビジネスが成り立つので
漱石ゆかりの地の旅情報リンクなんかを載せて販売すれば
旅したくなる人が増えるでしょう。

最近はTOEICやITの資格の問題集をkindleで購入したり
仕事で必要になった知識を手早く得られる本を購入してます。
手早く欲しいときに欲しい情報が手元に得られるメリットは大きいです。
広島に今度引っ越すのですが、書籍は持っていく物が少なくなり
引っ越し準備も大幅に楽になりました。

当初はiBooksも使用していましたが、
Kindleの方が電子書籍の商売が上手いので
最近はもっぱらKindleを使って読んでます。
唯一の不満はiBooksのよういページをめくるエフェクトの機能がないので
本を読んでいるというよりPDFファイルを
スライドしているような感覚になる点ですね。

Amazon ギフトカードやitunesカードを使うと
クレジットカードの登録しなくて良いので
心理的に障壁が低いのは以前のエントリーで述べました。

電子書籍クレジットカードなしで購入
http://d.hatena.ne.jp/manjirou99/20130401/1364820900

が、念の為に書いておきますと、コンビニでカードをレジ通さずに
アクティベーション出来ません。人の買ったカードをアクティベートしても
アカウント情報から端末が分かるので、捕まります(笑)
基本的にアカウントを持っていてサーバーを仲介する物は
悪い事しようとしても中身は管理者が検索かければ
見つかるので悪い事は出来ません。
結構知らない人がいて中学生くらいの子が痛い目見てるみたいなので
こういう情報をきちんと押さえて平和に生活しましょう。



最近kindle電子書籍の30%ポイント還元を始めたそうです。
http://matome.naver.jp/odai/2137437563149740001

商売上手と言わざるを得ない
ギフトカードを買わざるを得ません