先日ある年上の人にお前の戯言を聞いてる暇はないとのたまわれましたので

40−50代の方は全般的にこのサイトに書いてある内容を
初めてみた時の反応って拒否的なんじゃないでしょうか
この偉い方もそれくらいのご年齢で非常に仕事は出来る方
なのですが、恐らくgoogle glassなんかはセキュリティの
脅威の方が大きいと考えているタイプの人です。
逆に30台くらいの人はとりあえず聞く耳をもってくれるので
やはり新しいものに対する拒否反応は年齢を重ねるに
従って大きくなるのでしょうかね
しかしちきりんさんのような柔軟かつ合理的な思考の人もいるので
単純に男性と女性の思考傾向の違いと時代背景が合わさった結果
そのような反応を見せてるのかも知れません
私の振る舞いが無礼だという事もあるのでしょうけど
こういう場合は面従腹背という言葉を地でいくのが
日本の多くの方がとられている戦略という所でしょうか(笑)
しかしこの金と権力を持ってるはずの50代が
新しいメーカーズムーブメントに対応が難しいという状況は
チャンスです。彼らの多くは物を作るには大規模な設備と
前投資が必要で自分達のようにある程度お金と地位を確立した
人間でないと高品質な製品は作れないと考えている節があります。
加えてCADによる3Dモデリング
プログラミングによるハードウェアの制御など
に習熟している方は少数です。
技術を持った人でも、家庭もあるでしょうし
個人や小規模の精鋭で開発を行うというところまで
やれる人は少ないでしょう。
若い開発者やデザイナーに環境を与えて
自由に物を作らせれば、
類似機能を持つ製品の設計・製造をしている
会社からシェアを奪える公算は高いと思われます。


個人で購入可能な数万-100万レンジの価格の
3Dプリンターが話題になっているように今後は
想像力があり、発想力がある人が個人でデザインした物の
作品の生産が容易になります。
Arduinoの様なオープンソースの基板を使って自分で
ハードウェアまで作成し、プログラムも自分で書くなり
オープンソースのものを使用して高機能に改造するなりが
容易に出来る時代です。
小規模ー中規模の市場で成功したマシンは
大量生産の委託がしやすいでしょうから
個人の尖ったアイディアが競い合って
商品の開発が進むことでしょう。

あと20年で人生が終わるならともかく
40年くらいは生きる予定なら
アイディアを形にして生きる方法を模索しておく方が
合理的な判断だと思うので
3Dプリンター買おうかな