プログラミングについて 秀逸なギャグその②

IT業界に偉大な業績と足跡を残している方のブログを
読み回っていましたところ
久しぶりに腹を抱えて笑う程
衝撃とユーモアに満ちあふれた
文章を読ませて頂きました。

小野和俊氏のブログですが、
すいません紹介させて頂きます。(あかんかったら消去致します)
小生のような人物が紹介させて頂くのはおこがましいとしか
思えませんが少佐に対する悪役への羨望に免じて何卒ご容赦を
(2006年頃のエントリーなんですけどね)
http://blog.livedoor.jp/lalha/archives/50105281.html



諸君 私はプログラミングが好きだ
諸君 私はプログラミングが好きだ

諸君 私はプログラミングが大好きだ

設計が好きだ
実装が好きだ
デバッグが好きだ
コンパイルが好きだ
リファクタリングが好きだ
パフォーマンスチューニングが好きだ
ペアプログラミングが好きだ
クラスの名前を考えるのが好きだ
自分が書いたソースを眺めるのが好きだ

Java で C で
C++C#
PerlRuby
PHPPython
LispVB

この地上で行われる ありとあらゆるプログラミング行為が大好きだ


戦列をならべたプログラマーの一斉タイピングが
轟音と共にバグを吹き飛ばしていくのが好きだ
空中高く放り上げられたバグが 効力射でばらばらになった時など心がおどる

プログラマーの操る キーボードが コンパイルエラーを撃破するのが好きだ
悲鳴を上げて 燃えさかるソースコードから飛び出してきたエラーを
テキストエディタで薙ぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

指先をそろえたデバッガーの横隊が ソフトウェアのメニューを蹂躙するのが好きだ
恐慌状態の新人が 既に修正されたバグを
何度も確認している様など感動すら覚える

パフォーマンスのボトルネック達をホワイトボードに
つるし上げていく様などはもうたまらない
泣き叫ぶボトルネック達が 私の振り下ろした指とともに
打音を上げるキーボードに ばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ

小さな バグ達が バグレポートで健気にも立ち上がってきたのを
秒間10キーの タイピングが 木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

後任のプログラマーソースコードを滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に美しく書いてきたソースコードが蹂躙され
意味のないメソッドやわかりにくいクラスが追加されていく様はとてもとても悲しいものだ

バグレポートの物量に押しつぶされて殲滅されるのが好きだ
トラブル報告のメール に追い回され
目薬を何度差しても目の痛みがおさまらなくなるのは屈辱の極みだ

諸君 私はプログラミングを 地獄の様なプログラミングを望んでいる
諸君 私に付き従う戦友諸君
君達は一体 何を望んでいる?

更なるプログラミングを望むか?
情け容赦ない 糞の様なプログラミングを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし 三千世界の鴉を殺す 嵐の様なコーディングを望むか?

「プログラミング!! プログラミング!! プログラミング!!」

よろしい ならばプログラミングだ

我々は満身の力を込めて今まさに振り下ろさんとする握り拳だ
だがこの暗い闇の底で半世紀もの間 耐え続けてきた我々に
ただのプログラミングでは もはやものたりない!!

大プログラミングを!! 一心不乱の大プログラミングを!!

我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ開発チームにすぎない
だが諸君は 一騎当千 の古強者だ と私は信仰している
ならば我らは 諸君と私で総力100万と1人の開発チームとなる

我々を忘却の彼方へと追いやり 眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし 眼を開けさせ思い出させよう
連中に恐怖の味を思い出させてやる
連中に我々のキーパンチの音を思い出させてやる

天と地のはざまには 奴らの哲学では思いもよらない事があることを思い出させてやる

一千人のプログラマー の集団で
世界を燃やし尽くしてやる

「最後の大隊 大隊指揮官より全空中艦隊へ」

第二次 ゼーレヴェー 作戦 状況を開始せよ

征くぞ 諸君


元ネタはもちろん有名な少佐の演説です
http://dic.nicovideo.jp/a/よろしいならば戦争だ

これを読んで大爆笑出来る人は
きっといい意味で変態さんに違いありません。

秀逸なユーモアと文章改造スキルに
プログラマーの文章構造置換能力の粋を見た。