読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS7

iOS7がMacBookAir with Haswell
Mac pro、音楽ストリーミングサービス iRadio
MacOS Xなんかと一緒に発表されました。
随分印象が違うデザインに変更されてますね。

動画で話をしているジョナサン・アイヴは確か元々ハードウェアの
デザインを担当していて今回はOSのインターフェースを担当したとか
個人的にはiOSはアップデートされる度に通信関係周りでバグが発生して
電池の消耗が異常に早くなる症状が出現しているような・・・・
あくまでイメージなんですけど、私のiPhone4も2時間くらいで
バッテリーが0%になる症状が以前出たので
アップデートした時に致命的なバグがあるのは困るんですよね。

どうなるのかなぁ、ちゃんと修正してもらえてるなら
使用してもいいのだけどしばらくバグ報告が出ないか様子見する人が
多いんじゃないでしょうか?

このあたりの感覚が以前より
信頼出来ないとユーザーから思われてるんでしょうね
Appleの株価が2012年後半から現在までに下落して来てる
のはユーザーの信頼と期待を下回る品質の製品を出しちゃってるのが
主原因なんじゃないかと。
iPhoneみたいなヒット製品を毎年発表しなくても
きちっとした品質のソフトとハードを提供してれば
株価の下落なんてしなかったと思うんですけどね。
今年の秋頃に新しい製品を発表する予定とティム・クックが話していたそうなので
そちらに期待しましょう。
テレビや動画のストリームを観られるiWatchという腕時計型のデバイスに
なるのではとの噂ですが、メガネ型と腕時計型のデバイスだと
メガネ型の方がソフトウェアで表現出来る事は広がるでしょうね
腕時計型の場合はipod nanoを改良する方向性になってソフト的には
対してチャンスが生まれないように思われます。
google glassが上手くプライバシーの問題を人々に納得させ、普及させられれば
他のウェアラブルコンピューターってノーチャンスになってしまいかねないのでは?
だってARで腕時計上のマーカーに画像貼付ければ腕時計型のデバイスは
表現出来ちゃいますしね、上手くいけばスペックが下回るあらゆるコンピューターを
ARで再現出来ちゃうんじゃないでしょうか?

消えたり出たりするファミコンが出来たり

サーバーの仮想化が進んでからというもの
ハードウェアをソフトウェア化するというアイディアは
広く受け入れられてますし、
コンシューマー用のデバイスも同じ道を行くんじゃないですかね?
色々楽しみですがまずは今回のアップルの製品がどう受け止められるか注視
していたいと思います。
新しいアイディアが製品化されていくと何にせよワクワクして楽しいですね