読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enchantmoon

国産のタブレットでは異色の作品です

ユビキタスエンターテイメントさんが
珍しいタブレット端末を製作し販売を開始しています。

http://global.uei.co.jp/

http://enchantmoon.com/

enchantmoonというこのAndroid OSを改造して
手書きに特化させた機能を持たせたタブレット
39800円という価格でかなり無理して価格を抑えたようです。
iphoneからこっちスタイラスを使うのはタブレット端末では
少数派になっているように思いますが、あえて今回
人間の手書きという部分にフォーカスした端末を
作り出したそうです。
google storeに登録されていないので
アプリの汎用性には欠けるでしょうが
手書きという文化は確かに日本だと一種異質なものです。
代表的なものだと漫画だったり書道だったり
物を書く動作まで含めて伝統芸能の形で残してるものがありますから、
逆にスタイラスを使用したタブレットを極限まで磨き上げるという
発想はありかも

これだけある機能に特化した端末は人の記憶に残りやすかったり
覚えてもらいやすいので強烈な印象を残しますよね。
尖った物を作った方が新陳代謝が激しい分野では生き残りやすい
と思いますので、頑張って頂きたい

こちらの会社の清水社長はブログでご自身の思いや
開発にかかる費用なんかの話を
誰にでも読める形にしていらっしゃるので
そっちのブログを読むと端末製作の過程で
色々と考えてらっしゃるのが分かって面白いですよ