今日観た動画シリーズ おおかみこどもの雨と雪

サッカー


サッカーのまとめ動画観るの好きです
実はこの10年で最も成長した日本の分野の一つなのではないでしょうか
こういうまとめ動画を作るにはセンスが必要ですよね
音楽とシーンの切り抜きとその流れや余韻まで
ちゃんと計算して作れる人が人の耳目を集められる
作品が作れるんだと思います。
動画編集や制作、人を引きつける手法を研究する
意味で勉強になったりします。
自分自身が人にアピールする事が苦手な私みたいなのでも
作ったものを人にアピール出来るものにする事は出来るようになるでしょう。
自分の身体というハードや脳に構築された人格を
アピール出来るように変更するより、優れた自分の代替物を
制作する事で人は自分の身体や精神の限界を越えて
社会に影響を与えられるようになります。

ちなみに先日おおかみこどもの雨と雪のDVDとBDが
リリースされていましたのでそちらも
鑑賞しました。
背景がものすごく綺麗です。
一部実写を合成して作ったようで花や植物の触感が伝わってきそう
細田守監督は自然の描写をテーマのひとつとしてこの作品を
製作したのだと思います。登場するおおかみこどもの雨と雪
自然と人間の世界の間をいったり来たりしつつ
自分の在り方に解答を出していく過程が描かれています。
宮崎あおい大沢たかおは実写の方がメインの役者さんですが
シーンに合わせて声の演技が出来ている事にびっくりです。
雨と雪の声の子も上手でしたね〜
笑ったり泣いたりする所が自然な感情が籠ってて
お見事でした。



細田守監督は
時をかける少女サマーウォーズで着々と地盤を固め
今回の作品で劇場版アニメ映画の監督者として確固たる地位を築きました。
ポストジブリと言われているのをあまり好んでいない様でしたが
もし宮崎駿ジブリを畳んだ場合は実際そういう見方をされる人だと思います。
庵野秀明はどちらかというと奇抜な演出を施した作品を作りますから
ジブリと縁が深くても宮崎駿の役割を継承するような事はしないですし
出来ないと思ってます。