遠隔操作の人

どうも逮捕されるまでのお粗末な対応と
微妙なラインで確実に有罪となる証拠を残していない
様を見ていて、この人は自分で捕まりたいという気持ちが
どこかにあったんだろうなと思い始めました。
これまでに出て来てる情報は状況証拠で肝心の
通信ログからウイルスの送信やマスコミ各社に送ったメールの履歴
が今の所出て来ていませんね。

世の中の人の注目をされるようになっても
人間は自分という個人が認識されないと
承認欲求が満たされないのでしょう
以下は私の根拠のない推測なので、
申し訳ないと思いつつ書いてしまうのですけども
ある程度マスコミに騒がれて世の中の人の認知を
得たら自分の個人名を出した方が満足感を得られると
感じ始めたんじゃないかと思います。
意識的か無意識かでいうと無意識にやっていった
感じがありますが

世間の人誰もが状況証拠から見て彼が犯人だと分かっているにも
関わらず警察からすると強制的に彼を自白させるしか
手段がない状況になりますね
でもそれは彼が主張したい警察の汚点を世の中の人にこれ以上ない
形で完璧に披露する事に他なりません
もしこのまま状況証拠だけしか出てこず
自白させるしか有効な手段が見いだせない程
証拠が乏しければ、相当周到に計画していたんじゃないでしょうか

映画セブンのラストシーンを思い出しました。
犯人が自分が捕まる事で自身の思想を完結させるラストです。
どうなるんでしょうね







以上 

確たる証拠もなく物事を勘ぐると幸せではなくなるので
やめましょう 週刊誌は人を幸せにしないのです。
なんとなくそんな気がするけど外れてたら有害な情報を載せてるだけなので
削除しますよ、ええ