LEDとブレッドボードが新しく届いた 次はモーターか

ロボットアームは海外のこのキットを
http://makezine.jp/blog/2012/09/multiplo-an-arduino-controlled-open-source-robot-kit.html

注文しちゃったんだけど諸事情により
AndroidArduinoのコンビネーションでモーター等
購入して遠隔操縦する所までさっさと進みたい
入力は以前買ったkinnect for windowsの使用を試みる
ロボットアームを制作している方はすでにかなりの数が
検索でヒットしていて目新しい事じゃないんですよね
そんなわけでオリジナルの部分をちゃんと練り込まないとね

しかし当たり前だけど個人で、働きながら何か開発するのは
開発スピードが遅い
資金は自分で出せばその範囲内で好きな機能を付与出来るメリットは
あるけど、最前線を争うには致命的なスピードの遅さです。
学生で小生の話を読んだりしてくれている方で開発の最前線でやりたい
という人は信頼できるパトロンと仲間を探すのがいいと思います。
それから思いつきを洗練し、人前で発表出来るまで整理して
後は実際の製品として完成させるまで粘り強くやる事ですかね
こういうのが欲しいっていう個人の願望と
ああいうのすげえなぁっていう人の後追いの部分をすり合わせて
いくと作りたいものが具体的になっていくんじゃないかと思います

色んな技術の進化の系統の先っぽを掘り下げるつもりでやれば良いです
主流の技術は多くの人ががりがり削ってますが
支流の方をごりっと削るのも戦略の一つでしょう
やれるかわからなくてもとりあえずやってみる価値があると判断したら
やった方が良いと思ってます。
こういうのは大学院での研究室時代に教わったこととか思った事です。

そんなわけで私は私の好きなものを作ります
個人で力が足りない時は人の知恵やアイディアを借ります。
楽しみですね









これを商売にして大金持(ボソッ

kinnect の勉強に使ったもの
windows PCでkinnectを使用するには専用のkinnect for windows
SDKをインストールしてくる必要があります。
このあたり今度書きたいです。
中村薫さんの著書、知識、ソースコードには色々お世話になっています。