Ustreamと政治

政治家の人は公的な場所や家の外に出る時、Ustream等の生放送によって
自身の行動を放送したらどうだろうか?
もちろんプライバシーがあるので難しいだろうけど、

何でこんなことを言うかというと
正直政治家の汚職や献金等の地位を利用した利権に政治自体に
日本の人間は希望を失っており、投票率の低さがそれを如実に反映している。日本の国民は自身の政府によって生活や社会制度がより時代に適したものになるとは思えず、ある種達観してしまったかのような態度で自身の参政権を投げ出している。その結果一部の団体の利益や道理を優先したいびつな政治が出来上がるのではないでしょうかね?

さて、国民が政治家の汚職を疑って希望を持てないというのなら
自身の仕事や公開出来る部分の生活を公開する政治家がいれば信用を得られると思ったんです。国政に関ってる人は真っ黒すぎてそんな事出来ないと言われる方もいると思いますが、もう法律にしちゃえばいいんじゃないですかね?今度はそんな法律を議員達が通そうとしないかも知れませんが。
とにかく政治に関する情報は政治家から国民に直接伝わる情報の経路が存在するべきだと思います。
それもブログやtwitterのような投稿者の載せたい情報を載せる媒体ではなく、普段の仕事の生の情報を流し続け国民に仕事に関して評価してもらう事が理想でしょう。民間企業のように競争をする事で議員の質をあげればよいのです。愚者も賢者も同じ一票を投じる事が出来るからこその議会制民主主義ですが、より国民が選挙に関心を持てるようになる事を期待したいですね

欲を言うと通信技術やソフトウェア工学、ハードウェアについて詳しい人物が政治家にはいるべきです。官僚のような顧問からの情報を聞くのではなく自分で判断できるITを活かした活動をする議員が少なすぎるのです。報道されているダウンロード違法化に関する議論を聞くと、
どこまでをダウンロードとするのか、ものすごく曖昧な言葉で法案にしているので、色々やった挙句結局違法行為は減らずに混乱を招く結果にしかならないのではないかと危惧してます。