何故語学が好きなのだろう

語学が好きです。どうも西洋語が好きなようで、中国語とかよりは
スペイン語とかイタリア語の方がやる気が起きます。
理系の大学院に進んでいるような人間がどうして語学を嗜好しているのか?
白状してしまえば私は現在の研究テーマとなっている事、自分が目標としている領域まで到達出来るような情熱を研究に持ちあわせていない事に気付いていました。脳に電気刺激を加えた結果、人間の心にどのような変化が起きるのか・・・
刺激部位や刺激の周波数によって人間の運動障害を調整出来る事は
脳深部刺激療法として普及し、よく理解されるようになりました。
強迫性障害鬱病という今まで こころ という抽象的な言葉で表わされている領域に対してもこの療法は効果を持つことが明らかになっています。もしこのメカニズムと症状の軽減具合の関係性が理解出来たら?
それは人のこころのメカニズムを一部分解き明かす事が出来ると言えるのではないかと思います。

さて、この研究テーマを選んだ事と語学が好きになった事は無縁ではないように思います。鬱病強迫性障害によって大きく阻害される人間の能力はコミュニケーション能力だと思うからです。

続く